「デング熱」の恐怖。

「デング熱」という単語がどうも流行っているようだ。
そしてそれに併せて、確実につぶやかれている単語がある。
そう、「テング熱」だ。

はっきり言って、「デング熱」と「テング熱」は似ている。字面が似ている。ほぼなにが違うのか分からない。
しかも、「テング熱」の方が、なんか本当にありそうだ。
昔、 天狗に対して悪さした小僧が、ものすごい高熱を出して、それが天狗のたたりだと恐れられるようになったとか、そういう感じで、ありそうだ。小学生などは大 変恐怖であろう。なにしろ、今、どうやら代々木公園に天狗がいるようなのである。大人が天狗のたたりにやられ、高熱で病院に搬送されたりしているのだ。遅 れてきた妖怪ウォッチである。よーでるよーでるとか言っている場合ではない。実際に代々木公園に出ているのである。

話は逸れるが、「ジバニャン」というあの可愛らしいキャラクターが「地縛霊の猫」だったとは驚きだ。トラックにひかれて死んでしまったそうだ。可愛い顔して案外可哀想な奴である。

まぁとにかく、デング熱に冒されない為には上下長袖のジャージとかを着ると良いようなので、外出をする際はそういった格好で行きましょう。天狗には狙われやすくなるような気がしますが。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。