ブログ群雄割拠。

ブログ群雄割拠

個人ホームページやブログが星の数程ある今、新しくブログを開設した。

ブログを始める理由とはなんだろう。
個人ブログを開設し記事を書く目的は、まず間違いなく自己表現だ。(お金儲けの為のアフィリエイトブログは違うだろうけど)

自分の考えや体験を、テキストにまとめ、ボタン一つ押すだけで全世界へと発信できる。
インターネット初心者にとって、ブログで記事を書くとは、学校の集会でおずおずと壇上へ上がり作文を読み上げるような心境なのだろう。
しかし実際の状況はそれとはまったく異なる。
実際にはその体育館や校庭には誰もいないのだ。生徒はもとより、先生達すらいない。
ブログで記事をたくさんの人に読んでもらう為には並々ならぬ努力が必要だ。
例えば、内容については、他人が読んでも面白い事、興味を惹く内容で書かなければならない。
検索で引っ掛かりやすい語句を意図的に入れなければならない。
自由に書けるようでいて、制約が発生する。

ではその制約にとらわれず自分の書きたい事だけを書くとしたら。
それではまずアクセスアップは見込めず、他人に読んでもられる可能性が低い。
では、このブログ群雄割拠の時代にそうしたブログを始める理由はなんだろう。

文章の鍛錬の為。あるいは自己満足。これにつきる。
全世界の人に読んでもらえる可能性がある一方で、目的は内向的なものである。
そうでなければ辛い。
そう思い込まなければ、続けられない。

今ブログを書く事は、瓶詰めの手紙を海へ流すのに似ている。
ただ、それよりも人に読まれる可能性は多少高く、それゆえにロマンチックではない気はするが。

そして今日も私は、誰にも読まれなくたっていいやと海へ流した瓶をいつまでも見つめている。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。