ビジネス書の効率的な読み方。

ビジネス書を読む上で大切な事。
それはなんだろうなぁと考えてみると、やはり「行動を変える事」だよなぁと思います。

・行動を変えて、習慣として、自分の身につける事

これがビジネス書を読む醍醐味だと思います。
ビジネス書というより自己啓発書、になるのでしょうかね。

知識としてのビジネス書というのもあるのだろうけど、そういうものでも

・書き留める、そして人に説明できるくらいになる

という所まで行かないと、意味がないのではないかと思います。

本は高い。
1冊1,000円とか平気でします。お昼ご飯2回食べられますよね。

それだけ高い買いものをするのですから、何かしら自分の血肉にしないともったいないですね。

ビジネス書、自己啓発書を読む前に

・読み終わったらなにか行動する
・人に説明できるくらい知識として定着させる

この二つを頭にたたき込む。
行動する事はどんな小さな事でも良いと思います。あまり大きな事をしようとしても、どうせできませんから。ましてや習慣にするなんて絶対的に無理。

知識としての定着は、学校の勉強とかでもよく言われていたと思いますが、「人に教えられる」まで落とし込む事。自分の知識として定着させること。

1冊の本まるまるではなくても良いです。その本の中で自分が大切だと思ったこと。
それを1つでも2つでも良いから、なにかに(ブログなどでも良いかも)書き留め、暗記できた事を確認する。

そうすれば買った本が2倍3倍もの価値を持ってくると思います。

読み終わって本棚に直行。なんか、変わった気がして、なにか分かった気がする。
それではあまりにももったいない。

次読む本から、

・読み終わったら一つ行動する
・読み終わったら書き留める

を意識して読んでみましょう。はい!分かりました!

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。