【転職活動】トイレの落書きに助けられる。

先日、企業の面接に行ってきた。

普通の方は分からないが、私は大体面接の時、

「電車が止まるかも」
「お腹が痛くて途中下車しちゃうかも」
「迷うかも」
「ウォッシュレットが止まらなくなるかも」

などの理由で、面接開始2時間半前くらいに会場最寄り駅にいる。

そして
「まだ2時間もあるしパヨエ〜ンwww」
と余裕ぶっこいて喫茶店などでアイスティーを飲むのだ。

さて、実際に面接の15分前とかになると死にたくなってきて、心臓がばくばく言い出して隣の席でフレンチトーストをナイフで切ったりしている休日じいさんを理不尽に叱責したくなるのだが、仕方がないのでトイレに行く。

エクストラルームに入室し、ズボンを降ろすと、トイレの壁に

「いつも清潔にトイレをご使用いただきありがとうございます」

と張り紙がしてあった。

例の、

「先にありがとうって言ってるんだから汚すなよコラ」

っていう圧力を感じるやつである。

ふとその張り紙の下を見ると、こんな落書きがしてあった。

「それはこっちの台詞だよ。こっちこそ、ありがとな!」

瞬間、私の心臓は一度だけ「トクン・・・・・・」と静かに脈打ち、以降静かな海のように凪いだ。

人は人を思いやれる。
思いやりをお互いに与え合える。
優しい世界、クールジャパン・・・・・・。

もう恐れる事はなにもない。世界は、こんなに優しさで満ちている。

ズボンを上げ、エキストラルームを出た時私は無敵だった。

選考結果は、まだ来ない。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。