日本地図を覚えていない。

日本地図を覚えていない。

日本人として、大変けしからん事だと思っている。実際、けしからん。

確実に分かるのは、「北海道」「青森」の二県である。
北海道は恐らく地理を勉強する前の小学生ですら分かると思うので、それは分かる。あの独特のフォルムは一度見たら忘れない。
次に青森であるが、これは「北海道を除く県で一番上にある所」と無理矢理覚えた。

そう、「上」である。
私にとって青森は上の方にあるものであって「長野ぉ?寒そうだから上の方?」とか言っていた時期もある。
東西南北なんて知らん。上の方なのである。
県や地域の位置関係を上下左右で表現する者はまず間違いなく地理に興味がない。

自己弁護の為記述しておくが、「大体どのへんにあるか」は分かる。
「東京、埼玉、千葉、神奈川は大体関東にある」のは分かるし「島根も鳥取も中国地方にある」という基礎的な知識は持ち合わせているのだ。
だが、正確な場所が分からないのである。
東京、埼玉、千葉、神奈川は位置関係が複雑すぎて分からない。最近まで千葉の位置を東京だと思っていた。そういう人は多いと思う。
島根と鳥取はどっちがどっちだか分からない。これが分かる人はそれ程多くないと思う。

また、「名古屋県」がないのも鳥山明のおかげで知っている。名古屋は愛知だ。どこにあるかは知らないが。多分真ん中の方。

大阪、奈良、京都は大体真ん中左寄りにある。

石川や広島等が一番危ない。石川は真ん中から上寄りにあると思うのだが。広島は多分瀬戸内海近く、イタリアっぽい感じであるような気がする。もう意味不明である。

上記のような怪しい位置関係は、ゲーム、桃太郎電鉄にて培われた。桃鉄をやっていなければ、その怪しい位置関係すら知らないままだった。
博多は九州にあって、ドジラに壊滅させられる土地だ。「博多県」=ない、という方程式は昨年解いた。

こ の話をした時に友人から「鹿児島は分かるかな?」と聞かれ「蟹のような所」と答えて度肝を抜かせてしまった。彼は位置の話をしていたのであって、形の話で はなかったらしい。勿論、位置が分からないから形でお茶を濁したのだが。多分九州だ。火山噴火や台風等の天災に見舞われやすい。損害保険カードは必須だ。

和歌山や福井等は本当に未知中の未知だ。和歌山は多分上の方、福井は九州の一部のような気がする。(調べたら違った)

日本地図を知らない事でこれまでかなり色々な所からバッシングを受けた。その度に覚えようと思うのだが、覚えられないのである。覚えられないのは、興味がないからだ。
私にとって重要なのはその県は「なにをしにいく所」で「暑いか寒いか」である。
長野は「スキーをしにいく所」で「寒い」のである。それで十分だ。後は電車に乗って目をつぶっていれば到着する。位置はどこでも良い。

いわずもながだが、世界はもっとひどい。
アメリカは右の方にあり、イタリアは長靴っぽいのだ。

私が日本地図を完璧に覚えるとしたら、それは子供ができた時だと思う。
さすがに子供に
「滋賀ってどこにあるの?」
と聞かれて
「恐らく左の方だ」
とは答えられない。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。