就活生必見!「よく聞くぞ」っていうビジネス用語

以前、「嫌いなビジネス用語ランキング」という記事を書きましたが、今回は

「なんかよく知んねーけどよく聞く!」

というビジネス用語を書いてみます。

就活生の皆さんにとって聞き慣れない言葉かもしれませんが、働き出すとよく耳にします。

スポンサードリンク

【紙ベース】

なんの事はない、紙の事である。

『メールの文章を印刷して持って行きたいなぁ』
と思っている先輩とかが
「紙で持って行きたい!」
と言うとかっこ悪いので
「紙ベースで持って行こう」
とか言います。

あと、かなり年上の上司とかが
「エクセルとかじゃなくて紙ベースでないの、資料」
とか言ってくる場合がある。

大丈夫。エクセルを紙に印刷すれば良い。彼らはチンパンジーなのです。

【直近】

「最近」の事である。

スカした先輩とかが
「その事象起きたの直近だといつよ」
とか言ってきますが、要は
「同じ事起きたの最近だといつ頃ー?」
と聞いているのだ。

【直帰】

「直近」と間違えてはいけない。

要は

「出先からそのまま自宅帰るわ」
(早めに切り上げ明るいうちからビールおいしいです>_<)

という事である。16時くらいに取引先を出てそのまま直帰なんて最高である。
調子こいてブックオフとかに寄ってしまってなんやかんやいつもと同じ帰宅時間になってしまって死にたくなる事もしばしば。

やりすぎると先輩から
「おまえ直近で直帰したのいつよ!?」
と怒られる。

【直行】

要は

「朝、会社行かないで直接取引先行くわ」
(打ち合わせ11時からだから朝のポンキッキ楽しいです>_<)

という事である。

【直行直帰】

要は

「朝、会社寄らないで取引先行って、そのまま帰るわ」
(会社行くのめんどいので朝ポンキッキ観て明るいうちからビール飲みます>_<)

という事である。
サラリーマン検定『エキストラ』に合格すると、「直行直帰」と会社に伝えてそのまま家でモンハンをやったりできるようになる。

「昨対」

読みは「さくたい」

つまり、「昨年の同月売り上げと対比して、今月はどうか」みたいな感じである。

マリオカートで言えば
「今、自分のゴーストに勝ってるか負けているか」
である。

そういう説明を受けなかった私は長らく「昨対」の意味が分からなくて前後の文章から意味を類推していたので結構意味がぶれていた。
マリオカートに例えろよ!

【取り急ぎ】

メールの最後とかに

「取り急ぎご連絡のみで失礼いたします」

とか入れたりする。
「伝えたいことはこんだけなんだけど、なんだかそれだと失礼だな」という時「なんか短くてすんません!」という意味でつけるのである。
まぁ、ビジネスのやりとりなんて全部取り急ぎ、で良いと思いますが。

先輩が
「取り急ぎでいいから議事録あげろよ!」
と喚いたからといって
「今日は、A案で行くことに決まった」
とだけ書いたワードをアップすると内線がかかってくるので気をつけよう。

【言った言わない】

「あんときあぁ言ったっしょ」
「いや言ってない」
「え、でも言ったっしょ!? 電話で!」
「いや言ってない」
「え、でも・・・・・・。言ってたっしょ?(涙)」
「記憶にない」

ビジネスにおける揉め事の70%は言った言わないから生ずる。
取引先はもちろん、社内でも発生する。

先輩「え、でも俺言ったっしょ」
私「言ってない」
先輩「言っただろ! 帰りの電車で言っただろ!」
私「言ってない」
先輩「俺の事嫌いなの!?(涙)」
私「好き」
先輩「///」

とならないために、なにかを口頭で決めたときはすぐにメールなりなんなりで履歴が残るようにしておこう。社外でも社内でもだ。
これをやるかやらないかで仕事の盤石さに差が出ます。

と、最後は真面目にやってしまいました。
めんどくさいですねー大人語は。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。