ビジネスのクリエイティブと創作のクリエイティブ。

最近読んだビジネス書に

「新しいアイデアなんてもうない。既存のアイデアになにかを加えるか既存のアイデア同士を掛け合わせる事で新しいアイデアになる」

と書いてありました。

確かにそうですよね。
「なにか面白い事」ってこれまでのなにかを加工したものだという感覚。とてもそうだと思います。

実は結構長い間疑問な事がありまして。

「音楽」ってよくもまぁこう毎日のように新曲が出るよなぁという事。

私は「メロディを思いつく」という感覚がまるで分からないので、「まったく新しいメロディ」なんてもうないんじゃないか? と思っています。

クラシックやらなにやらの世界から音楽は無数に作られていて、もう、新しいメロディなんて思いつかないだろ!? と思っている。

なので、ちょっと昔、「ORANGE RANGEの曲は○○のパクリだ」と言われたり「大塚愛の曲、あれとメロディ一緒じゃん」みたいに酷評されているのを見たり聞いたりしても
「しょうがないし、アレンジして新しい価値を生み出してるんだからいいだろ」と思っていた。
自分で思いついたのなら言わずもがな、意識的に模倣していたとしてもなんら非難されるべき事ではないじゃないかと。

私が好んで書いている「ショートショート」のアイデア創作方法に
「色々なものを掛け合わせてみる」
というものがありまして、例えば今目の前にある
「コップ」
「時計」
を掛け合わせて

「コップ型時計かぁ。コップに時計がついている。時計と言えば目覚ましか。朝、目覚めるべき時間にコップ型時計が自分に水を注いできてトコトコ枕元にやってきてくれたらいいなぁ。どうしても起きない時はその水を顔にぶちまけてくれたら絶対遅刻しないよなぁオホホホ」

みたいな、そんな所から話を考えていく。

そう考えると「創作」と「ビジネスのアイデア出し」ってとても良く似ているなぁと思いました。

ですので「アイデア発想力をつけたい!」という方がいらっしゃったら一本ショートショートを作ってみたらいかがでしょうかなんて考えます。

「やり方がわかんない!」
という方は、私の敬愛するショートショート作家、田丸雅智さんがワークショップをよく開いてらっしゃいますので、参加されてみる事をお勧めします。
関東近郊の方に限られてしまいますが。
ビジネスにも生かせる創作技法を教えていただけますよ。

田丸雅智さんホームページ:http://masatomotamaru.com/index.html

特に宣伝というわけではありませんので、興味をもたれた方は是非。

なにか書いたり描いたりしてみましょう! 多分楽しいよ! そんな話でした。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。