連休明けのよそよそしさ

5日間の休み、シルバーウィークが終わりました。

連休明け、会社に行く時、なんとなく感じる気恥ずかしさ。あれはなんなんでしょうね。
完全に夏休み明けの小学生に酷似している。
同僚がむちゃくちゃ他人っぽいですよね。いや、他人なんですけど。

そういう時、とても憧れる人がいる。
出社するやいなや


「いやぁなんか、久しぶりな感じだね! みんな、連休なにしてたの?」

と、こういう人だ。

実はみんな、連休中の話がしたい。なんなら、休み明けすぎてまだ仕事に完全に身が入っていないので、ちょっとストレッチのように雑談をしたい。
けれど、なんとなく気恥ずかしいので、いつも以上に黙っている。

そんな時、開口一番、上のような事を言ってくれる人がいるととても周りは助かる。
頭をぽりぽり書きながら
「渋滞にはまっちゃって、もしかしたらニュースに映ってたかもなんですよ〜」
とかなんとか言いながら、心と体はほぐされていく。

こういう事を言う勇気(勇気なんていらないという人もいるのだけれど)というのは、電車で席をゆずる勇気に似ている。
絶対にやった方がいいのだけれど、なんとなく気恥ずかしくて、やれない。勇気がいる。

こういう事を事もなげにやってのける人の事を私はかっこいいと思っています。
ポルコ・ロッソと同じくらいに。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。