坐薬は意味不明。

坐薬ってありますよね。
まぁ、簡潔に言えば「尻から入れる薬」です。

いやぁほんと、意味分かりませんよねこれwww

まず、「尻からなにかを入れる」というのが理解しがたい。尻はなにかを出すものであって、入れるものでは断じてないはず。

色々見聞きする限りでは皆さん色々尻に入れたりしている(詳細は省きます)ようですが、本当、信じられない。

そんな私が坐薬を入れる機会に恵まれました。

「これは死ぬ」というような頭痛に見舞われて医者に行ったのですが

医者「おめぇ頭痛いのの他に実は気持ち悪いべ?」
私「(こいつ、できる!)うむ。実は先ほど吐いた。死にそう」
医者「よし一発坐薬いれてみっか!」
私「!?」

という運びで坐薬を処方される事となった。
この時「頭痛止め」と「吐き気止め」を処方されたのだが、調子に乗った医者が
「二つとも坐薬でいってみっか・・・・・・」
とつぶやき、近くにいた看護師も
「時間差でやればいけるっしょwww」
とか言い出したので、必死で「坐薬は初めてである事」「常日頃下痢気味である事」「坐薬に向いている人と向いていない人がいるとしたら私は向いてない人である事」を必死で伝え、なんとか吐き気止めのみ坐薬という事になった。

さて、そんなわけで調剤薬局で坐薬をもらったのだがその際薬剤師が
「坐薬は入れた事ありますね?」
と聞いてきた。今思えば絶対聞き間違いだと思うのだけれど、その時は
「あ、俺って坐薬を入れたことあるっぽい顔してるんだ」
と複雑な気持ちでした。本当は多分「坐薬入れた事ありますか?」と聞いていたのだと思う。

正直に入れたことがない旨伝えると、薬剤師は丁寧にどちらの方向からどのようにピットインするのかという事まで教えてくれた。
「お尻、いわゆる肛門ですね」
という名言も生まれた。

そんな訳で実際に入れてみるわけですが、これがすごく緊張する。
入れた瞬間に「破ぁ!」という感じで噴射してしまったらどうしよう。
先生、なんで坐薬一つしか処方してくれなかったのですか。

パッケージから坐薬を出してみると、なんというか全体的になめらかな肌触りだ。尻に入る用意は万全という出で立ち。
そして美しいフォルム。人類の英知とも言うべき曲線。

これは、入る・・・・・・!!

未経験の私にもそう思わせる完璧な仕上がりだった。

うんちんぐスタイルだと入らない気がしたので体を横たえ、かの有名な「涅槃(ねはん)」のスタイルでいく事にした。インドかどこかにある仏像のポーズだ。
(ストリートファイター2のサガットステージにいるやつ)

そしていざ挿入である。

最初、肛門を針でつつかれたような「いつぅ!」という痛みがあったのだが、その後はするっと入った。

が、これは、一体どこまで入れればいいのか・・・・・・?

肛門には入った。だが、まだそこにいる。
そしてなんと私の肛門が坐薬を拒否し、吐き出そうとしている……!
進撃の巨人でお父さんに変な薬を打たれそうになったエレンのような感じで坐薬を拒否している!
「ちょっと、出しますよ」
という肛門の感情が伝わってくる。

だめだ! 出してはいけない!

私は涅槃(ねはん)のポーズから横エビぞりのポーズに切り替え、尻筋を最大出力まで動力し、肛門を閉じた。

エレン「いやだ! いやだよ父さん!」
お父さん「これは、おまえにとって必要な力なんだ! 後でバナナをやる! 今はこらえてくれ!」(うろ覚え)

ちなみにその間中私は無言である。こんなに静かな闘いがかつてあっただろうか。

闘いの中で医者の言葉が脳裏をよぎる。

医者「坐薬は15分で効いてくる! それまで耐えろ! 15分たったら頭痛薬を飲め! いいか、15分だぞ!」

医者ぁ……! 俺はやるぜ!

そんな感じで15分経ったので、頭痛薬を飲む。
ちなみにここまで、頭はずっと痛い。

坐薬を入れた達成感と、医者の薬を飲んだという安心感で、頭痛はだんだんと収まっていき、なんとか睡眠できそうになった。
しかし依然、尻に違和感がある。まだ肛門付近に坐薬がいるのである。
これで合っているのだろうか……?

眠る前、トイレに入って少し押し込んでみる。
そしてついでにおしっこをした。
これがいけなかった。

エレン「戦術の発展を放棄して、肛門内でただ黙って溶けていくっていうのか!? 冗談だろ!」

「ぽちゃん」という音がして、ちょっとしたうんこをした時の快感が襲った。
トイレの水面に、先ほどの半分くらいの大きさになった坐薬が浮いている。
私は一切の躊躇もなく水面に正拳をたたき込み、汚れた世界からエレンを救い上げ「はいっ!」というかけ声と共に再び肛門へとエレンを招き入れた。
水中でも3秒ルールは適応するのか? などという賢い判断はできなかったのである。

さて、そんなわけで一度は決定的な別離を挟みながら、私は無事坐薬を入れ、睡眠できたのである。

そして翌朝、朝一番でトイレに行くと例のごとく「ぽちゃん」という音がして、エレンとおぼしきなにかが水面に落下した。

もう、これ、絶対坐薬効いてないよね……。

でもまぁ吐き気も頭痛もあまりなくなっていたので、振り返る事なく私は坐薬をそのまま流した。

坐薬を入れた事のある方はいますか?
坐薬の入れ方、これで合っていますか。
私は坐薬を入れる事に成功していたのでしょうか。
坐薬は翌朝残骸が落ちるものですか。

大海へと旅だったエレン・イェーガーをここに偲ぶ。

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。