バックトゥザフューチャーとテレビ映画の思い出。

先日、「2015年10月21日午後4時29分」にマーティとドクが過去からデロリアンに乗ってやってきていたらしい。

大人になるまでに色々な映画を観てきたけれど、やはり自分の原点となる映画はBTTFであり、ターミネーター2であり、タイタニックだなぁと思います。
それも、テレビでやっている時に観るのが一番好きです。
(最近BTTFはあまりやりませんね。なんでだろう)

思うに、映画って映画館やDVDで観ると
「あっ感想考えなきゃ!」
って感じになるんですけど、テレビでやっていると偶然巻き込まれるみたいな感じで観るので
「あーなんか終わったわー面白かった」
で終われる気がするんですよね。もちろん、ぶっ通しで観た方が理解もしやすいし制作者の狙いとかも受け取りやすいんでしょうけど。

あとは、テレビで観ていると、CMに入った時に
「あいつが犯人じゃねぇの」
「クリス・タッカーはやはり神ですのぉw」
「あの黒人はCM明けに死ぬと思う」
「現実だったらあの人見捨てるよね。怖いもん」
とかなんとか言いながら観れるのがいいですよね。肩の力を抜いて観れる。

あと、テレビでやっている映画は吹き替えがほとんどだと思うのですが、この吹き替えが好きです。
ターミネーター2のジョン・コナーがT-800に
「片足で立って」
と命令する所なんか多分いまだに完コピできる。

「おいマクフライ、靴ひもが解けてるぞ」
「腰抜け・・・・・・?」
「1.21ジゴワット!?」
このあたり、やはり吹き替えであって欲しいですよね。

【BTTFで好きなシーン】

マーティを送り出したドクがデロリアン走行跡の火がチラチラと揺れるなか、笑いながら駆け回る所。
そこにマーティが走ってくる所。

いったいこれ、どうなるんだろう!? なんで!?

と、胸が高鳴った思い出は、私の中で永遠に輝き続ける事だろうと思います。

「大丈夫かね、君? なにか助けが必要か?」

「僕を助けられるのは、ドクだけだよ!」

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。