ss【内定温泉】

なかなか内定を獲得できない俺の元に、同じく就活で苦戦している友人から「温泉に行かないか」と誘いが来た。

友人曰く「入ると内定が出る温泉」というものがあるらしい。

「アホか。そんな温泉があるかよ」

「まぁ、息抜きも兼ねてってことで」

そんな友人の強引な誘いで、俺は某県にある温泉へ一泊二日の小旅行に向かった。

その名もずばり「内定温泉」に着いた俺と友人はさっそく温泉に入ることにした。

しかしそこはごくごく普通の温泉で、何か特別な効能があるとは思えなかった。

「温泉の中に就活のポイントが書かれた札があるとか、そういう感じかと思ったけど、何もないな……」

隣でそう呟く友人に俺は

「まぁな。でも温泉自体は悪くないな。露天風呂なんて久々だよ」

とフォローも含めて返事をした。

友人は「そうだな」と言って頭に乗せたタオルを湯船の外で絞った。タオルにも「内定温泉」の名前が印刷されていた。

温泉から上がり、特にやることもなかったのでうだうだしていると「食事の準備が出来ました」と呼ばれた。

大広間の席につく。俺たち以外にも何組か宿泊客がいるようだが、特に旅行のシーズンというわけでもないので客はさほど多くない。

俺たちと同じくらいの年齢の客はおらず、ほとんどが高齢の客だった。ここは本当に内定が出る温泉なのか?

運ばれてきた料理を口に運ぶ。普通の料理だ。普通に、まぁ、うまい。

友人と一緒にボソボソと食事をしていると、温泉宿の主人らしきオヤジが「にいちゃん達、就活生だろ」と声をかけてきた。

「そうです」

と友人が答えると、オヤジは「やっぱなぁ〜」と言って笑った。

「あの、ここって本当に内定が出る温泉なんですか?」

そう俺が聞くと、宿のオヤジは「んな温泉あるわけないじゃん」と事もなげに言った。

「えぇ〜! 僕たち、ここが内定の出る温泉だって聞いて来たんですよ」

「そんなの知らねぇよ〜。ここは代々同じ名前でやってるんだ」

「名前って?」

「内定(うちさだ)温泉」

そう言って笑ったオヤジに、俺と友人はガックリと肩を落とした。

「ま、もしどこからも内定出なかったら、うちで雇ってやるから」

そう言ってオヤジが笑う。

なんだか力の抜けた俺たちは

「本当に雇ってくださいよ?」

と軽口を叩き、オヤジが「景気付け」と言ってご馳走してくれたお酒を飲んで、久々に就活の重圧から解放された気がして夜中まで騒いだ。

翌日、オヤジさんにお礼を言って俺たちは「内定温泉」を後にした。

驚いたのは、それから1ヶ月後、俺と友人二人とも企業から内定が出たことである。

俺と友人は「あの温泉、まさか本物だったのか」と言い合い、お礼も兼ねて内定温泉のオヤジさんに電話をした。

「ははは。やっぱりにいちゃん達も内定出たのか。ここに来た学生さんはさ、みんなかたぁ〜い、くらぁ〜い顔してるから、温泉入ってもらって、就活ダメなら雇ってやるって言うんだよ。そうするとみんな肩の力が抜けてさ、あっさり内定もらっちゃうわけ。にいちゃん達も、よかったな。おめでとう」

電話を切った俺たちは、卒業までにもう一度あの温泉に行くことに決めた。

そして、就職に悩む学生の掲示板にこんな噂を流した。

“入ると内定が出る温泉があるらしい”

(了)

あとがきラジオはこちら

スポンサーリンク

コメントしてくださるんですか? ヒョエエー!

メールアドレスが公開されることはありません。