小狐

ショートショート作品

樹木ロケットの発見

 散歩に出かけると、森に迷い込んでしまった。  無理もない、このあたりは土地勘がないからなぁ。  それにしても、同じような木ばかりで方向感覚が掴めない。  GPSを使うしかないか。  そんな風に思っていた時...
ショートショート作品

世迷い村

 私は昔のことを思い出した。  あれは本当に不思議な体験だった。  その頃、営業マンをしていた私は地方の営業先を回った帰りだった。  へとへとになり、本当にこんな仕事を続けていていいのかなぁと悩んでいた。 ...
ショートショート作品

目隠し横丁

 私は美鈴(みすず)と一緒に「目隠し横丁」にやってきた。  ここは、一見何の変哲もない路地である。  しかしここに入る時に目隠しをして入ると、目隠し横丁に行けるのだ。  以前、目隠し横丁の噂を聞いた私は美鈴とここに...
ショートショート作品

夜中の美容室

 終電に乗って帰っている時、私はとんでもないことを思い出した。  や、やばい!  明日は友達の結婚式なのだが、事前に美容院に行っておこうと思っていたのをすっかり忘れていたのだ。  明日は五時に起きてすぐに飛行機に乗...
ショートショート作品

夕立坊主

 小学校の帰り道に友達と歩いていると、夕立が降ってきました。  私たちは色とりどりの傘を広げて歩きました。 「あ、夕立坊主」  男子の一人が言いました。  見ると、確かにお坊さんが一人、雨の中を歩いています...
ショートショート作品

プリントプラント

 朝起きて庭を見に行くと、キャベツのような植物の中に電子レンジができていた。  これは「プリントプラント」と呼ばれるものである。  端末から注文をすればすぐに物体を生成してくれる。  一昔前の技術で言うところの3D...
ショートショート作品

清涼の歌姫

「清涼の歌姫」の歌を聴きに妻とコンサート会場までやってきた。  何でも、彼女の歌声を聴くと心が浄化されるらしい。  清涼の歌姫のコンサートは大人気で、会場の外には違法にチケットを売るダフ屋がたくさんいた。  僕は妻...
ショートショート作品

健康診断の星Hona

 俺は今、たくさんの宇宙船に混じって行列に並んでいた。  隣にいる相棒に声をかける。 「いつ来ても、ここは混んでいるな」 「そうですね」  ここは通称"健康診断の星"、Hona(ホーナ)である。  ...
ショートショート作品

蜃気楼の祭り

 一人、路地を歩いていると、どこからか太鼓の音が聞こえてきた。  祭りでもやっているのだろうか。  路地を曲がったところの空が少し赤らんでいる。  やはり祭りをやっているらしい。  僕はちょっと覗いてみるつ...
ショートショート作品

反響定位

 コウモリは超音波を発し、その反響によってまわりの物の位置を把握するらしい。  だから夜の闇の中でも自由に飛び回れるというわけだ。  これは裏を返せば、超音波の反響によって自分の位置を把握しているということだ。  ...
タイトルとURLをコピーしました