ショートショート作品

リレー式夢バンド

 我が家に不思議なものがやってきた。  それは髪ゴムのようなバンドで、腕につけて使うものだった。  バンドの正式名称は「リレー式夢バンド」という長ったらしい名前だったので、私たち家族はただ「バンド」と呼んでいた。 ...
ショートショート作品

おにいさんの笛の音

 昔、近所に「催眠術のお兄さん」が住んでいた。  お兄さんは催眠術が得意で、私はお兄さんに色々な催眠術をかけてもらった。  催眠術といっても危ないものや怖いものじゃなくて、「一人でおトイレに行けるようになるよ」「保育園は怖...
ショートショート作品

宇宙人の住む部屋

 今住んでいるアパートの管理人さんから「管理人をやってみないか」と声をかけられた。 「えぇえ! 私がですか?」 「そうなの。私もほら、歳でしょ? だから代わりに色々やってくれる人がいたら助かるなぁって。アルバイト代わりにど...
ショートショート作品

夢遊ゴミ捨て魔

 最近なんだかおかしなことが起こり始めた。  朝起きると部屋の物がなくなっているのだ。  確かにそこに置いておいたのに、というものがなくなっている。  どこに行ったんだろうと思いながら探すと、ゴミ箱の中に入っている...
ショートショート作品

物忘れ草

 世界中で人々が一斉にくしゃみをし始めた。  その原因が、ある植物の花粉であることが後に判明する。  つまり新種の植物による花粉症だったわけだが、なぜ原因の特定に時間がかかったのか。  その理由は二つ。  ...
ショートショート作品

またたく運命の糸

 隣町に、ある展望台がある。  女の子と二人、夜にその展望台に登って一緒に夜景を見るとその子との間に運命の糸が見えるらしい。  もちろん、そんなものがあるとすれば、だが。  僕は八月が始まったばかりの夏休みの夜に、...
ショートショート作品

魔除けヨーグルト

 私は一人暮らしをしている部屋でヨーグルトの蓋を開けた。  これを食べるようになってからすこぶる調子が良い。  ただし胃腸が、という意味ではない。  このヨーグルトを食べるようになってから、幽霊を見ることがなくなっ...
ショートショート作品

落とし物のしおり

 カフェでのアルバイトを終え、私が「失礼しまーす」とマスターに声をかけるとマスターが「それ持って行っていいからねー」と落とし物箱を指差した。 「持ち主の方、来ませんでしたか」 「うん、そうだね。もう半年以上経っているし、警...
ショートショート作品

種植えアプリ

 朝起きると、ミサからメッセージが入っていた。  何かなと思いながらアプリを開くと、URLが貼られていた。  ミサはよく面白い動画やアプリなどを見つけるとそのURLを送ってくる。  私は目を擦りながらURLをタップ...
ショートショート作品

幽霊の正体見たり枯れお鼻

 私のおばあちゃんは幽霊が"分かる"人でした。  見えるのではなく、分かる。  おばあちゃんは幽霊の匂いをかぐことのできる鼻を持っていたのです。 「幽霊さんが来たね」  おばあちゃんはいつもそう言っ...
タイトルとURLをコピーしました