ショートショート作品

時間厳守のダイニングテーブル

 いい物を買った。 「時間厳守のダイニングテーブル」なるものだ。  食事が出来て「ご飯だよー」と呼んでもすぐに来なかったら、その人の食べ物が減ってしまう。  このダイニングテーブルを買ってから家族が慌ててご飯を食べ...
ショートショート作品

旬タイマーシール

「旬タイマーシール」なるものが発明された。  そのシールは、食べ物の旬が来ると知らせてくれるシールだった。  果物などに貼っておくと、食べ頃の時にぴぴっと鳴るのだ。  果物の他にはアボカドなどに貼ってもいい。 ...
ショートショート作品

エジソンティー

 僕は友だちと一緒にコヤギ博士の研究所に遊びにやってきた。  コヤギ博士は僕たちが話しかけてもただぼーっとしていた。  こりゃ今日はダメかなと思っていたら、コヤギ博士がぽわっとあくびをした。  それからコヤギ博士は...
ショートショート作品

高機能な屋上

 ある学校があった。  その学校の屋上はとても高機能だった。  様々なものを吸収してエネルギーにするのだ。  太陽の光があたる日は太陽光を吸収して学校内で使う電力として使用した。  雨の日は雨水を溜めて浄化...
ショートショート作品

壊れたパソコン

 会社で使っていたパソコンがおかしくなった。  文字の変換がうまくいかないのである。 「お世話になっております」と打とうとしたら「押せ輪になって」になってしまうし、「貴社」と打てば「汽車」になる。  何度再起動をし...
ショートショート作品

魔除けの毛玉

 ある神社で、有名な「魔除けの毛玉」をもらった。  その神社に住んでいる"ぽーちゃん"という猫の毛玉である。  ぽーちゃんの毛玉を持っていると魔除けになるというのだ。  ぽーちゃんはとても可愛い可愛い猫で、私はぽー...
ショートショート作品

エジソンヨーグルト

 うーん、小説のアイデアがでない。  そんな時、私は「エジソンヨーグルト」なるものを見つけた。  なんでもこのヨーグルトを食べ続けるとひらめきが得られるようになるのだという。  定期的にエジソンヨーグルトを食べ続け...
ショートショート作品

秘境の歯磨き

 ある山に、岩の間から歯磨き粉が出るという世にも珍しい観光スポットがあった。  岩から出る歯磨きで歯を磨くとピカピカになるらしいのだ。  連日人が押しかけ、容器に歯磨き粉を入れていくのだった。  たまにマナーの悪い...
ショートショート作品

昼夜逆転猫

 昼夜逆転を治してくれる猫がいるらしい。  起きなければならない時間になると鳴いたり髪を引っ張ったりして起こしてくれるらしいのだ。  逆に寝なければならない時は一緒に布団に入ってくれる。  猫は温かいのでその温もり...
ショートショート作品

悔恨万年筆

 嫌なことがあった。  ここ最近すごく重なっている。  嫌なことがあった時は紙に書いてしまえばいい。  書くとなぜかすっきるする。  私は嫌なことを書くために万年筆を買っていた。  嫌なことがあった...
タイトルとURLをコピーしました