ショートショート作品

ライター判定

 グループ面接に進んだ企業で、いきなり面接官にライターを手渡された。  火をつける、あのライターである。  なんだろう……これ。  私以外の二人の就活生もぽかんとしている。  面接官が言う。 「では...
ショートショート作品

診断カメラ

 写真を撮るだけで体の悪いところを発見できるカメラが発明された。  そのカメラで写真を撮ると、悪い部分が赤く映し出される。  カメラは広く普及し、医師の負担が大幅に軽減された。  ある日、ある医者がこのカメラ...
ショートショート作品

じいちゃんのチャーハン

 僕はじいちゃんのチャーハンが好きだ。  僕のうちは中華料理屋をやっていて、じいちゃんはよくチャーハンを作っていた。  僕が好きなのは、じいちゃんがばあちゃんと喧嘩した時に作るチャーハンだ。  じいちゃんは、ばあち...
ショートショート作品

歩くおじさん

「こんにちは」  そう声をかけられて、私も「こんにちは」と挨拶を返す。  あのおじさんだ。  私が密かに気になっているおじさん。  スーツ姿のおじさんは、いつも歩いている。  そりゃあ道ですれ違うの...
ショートショート作品

夢作家

 私は作家をしている。  私にはある特殊な能力がある。  その能力とは、夢でアイデアを得る能力である。  私がアイデアにつまると、いつも夢の中に誰かが現れる。  それが誰かは夢を見てみるまで分からない。 ...
ショートショート作品

クチナシ様

 旅行先でふらりと登った名前も知らない山で、とても綺麗な女の人に出会った。  その人は山にいるにしては簡素な服装をしていて、何というか浮世離れした雰囲気を持っていた。  その女性は木になっていた見知らぬ実を、つい、と採って...
ショートショート作品

水槽グラス

 あまりにも暑いので、喫茶店に入った。  アイスティーを注文する。  アイスティーはすぐに運ばれてきた。  店員さんが持ってきてくれたグラスには、小さな色とりどりの鯉があしらわれていた。  綺麗だなぁと思い...
ショートショート作品

転校生の成海さん

 転校生の成海さんはみんなの人気者だ。  何てったって可愛いし、愛想もいい。  転校してきたばかりなのにすぐみんなに馴染んだ。  一部の女子からは煙たがられてるみたいだけど、それはまぁやっかみの範疇だ。  ...
ショートショート作品

自動収穫ナス

 コヤギ博士の研究所を訪ねると、博士は上機嫌だった。 「ついに完成したんだよ」  博士は私を研究所の裏手にある畑に案内した。 「まもなくだと思うから、よく見ていたまえ」  私は畑を見た。  そこには...
ショートショート作品

やる気職人

 やる気を掘り出す職人がいる。  そんな噂を聞いて僕はその職人を探し回った。  簡単なことではなかったが、なんとかその職人を見つけ出した。  職人は、僕の依頼に黙って頷くと、うろうろとそのあたりを歩き始めた。 ...
タイトルとURLをコピーしました