ショートショート作品

ショートショート「味のよく染みた鍋」

「ふ〜食った食った」 そう言って腹を叩いている友人に俺は聞いてみた。 「なぁ、今日の鍋、少なかったと思わないか」 「へ?」 「なんていうか、入れた材料よりも食べた気がしないというか」 「あぁ...
ショートショート作品

ショートショート「声床」

「最近あるビジネスを始めてね」 俺は学生時代からの友人にそう言った。 「へぇ、どんなビジネスだい?」 「これだ」 俺は"声床"を取り出した。 「うわ、なんだいこりゃ」 「これはぬか床...
与太話

ショートショート「プールを泳ぐ学ランの怪」

 学校の七不思議というものがある。 「音楽室のピアノが一人でに鳴る」だとか「校庭にある銅像が夜に動く」だとか、そんな噂。  私の通う中学校にもそんな七不思議がある。  その一つに「プールを泳ぐ学ラン」という...
ショートショート作品

ショートショート「芽が出る人間」

 新しい会社を立ち上げようと考えた時、俺はすぐに苗木に声をかけた。  苗木は学生時代の友達で、ある特異体質の人間だった。  それは頭から芽が生えるというもの。  学生時代、苗木の頭に芽が出ることを発見した俺はその...
ショートショート作品

ショートショート「祈願刀」

 私が高校受験の勉強を始めた頃、父が私を部屋に呼んだ。 「今年は受験だな」 「うん」 「早いもんだなぁ」  父はそう言って何やら感慨深そうにしている。 「何、改まって?」 「うむ。実はな」 ...
ショートショート作品

ショートショート「知覚花瓶」

 私と同じく在宅ワーカーをやっている友達の理恵がこんなことを言った。 「あんたストレス溜まってるんじゃないの〜?」 「分かる? 最近クライアントからの戻しが多くてさ。参ってるんだよね」 「あらら。あ、じゃあさ、いい...
ショートショート作品

ショートショート「代わりトイレ」

 同じマンションに住むママ友の部屋でお茶会をしている時、私はお手洗いに行きたくなった。 「ごめんなさい、お手洗い借りてもいいかしら」  私がそう言うと、彼女は突然「前に夫の仕事について聞いてくれたことがあったわね」とつ...
ショートショート作品

ショートストーリー「白線の悪魔」

「ありがとやしたー!」  サッカー部全員でコーチに挨拶をしてその日の練習は終了。  三年生、二年生、そして僕を除く一年生は更衣室へと戻っていく。  僕はボールその他の用具片付け係だ。  持ち回りでは...
ショートショート作品

ショートショート「鏡的外科手術法」

「盲腸の手術なのに大袈裟ですみません。でも、怖くって……」 そう謝った私に、高階医師は 「いえいえ。そんな方の為の鏡的外科手術ですから」 と言った。 盲腸の手術が必要になった私は、「術後も絶対痛くならない手術...
ショートショート作品

ショートショート「神オムツ」

 私にはある不思議な記憶がある。  それはまだ私が赤ちゃんだった頃の記憶だ。  その頃の私はまだオムツを履いていて、ハイハイもできなかった。  普通、そんな頃の記憶を覚えているわけがない。  しかし私はなぜ...
タイトルとURLをコピーしました