ショートショート作品

ss赤ペンを担いだ猫

 ある大雨の日だった。  我が家に赤ペンを担いだ猫がやってきた。  ピンポーンと音がしたので玄関の扉を開けてみると、黄色い雨合羽を着た猫が立っていたのだ。  雨合羽の帽子をすっぽりかぶった、茶トラの猫。 「...
ショートショート作品

ss浮き輪国

  浮き輪国の紳士に出会ったのは、僕が無人島で遭難していた時のことである。   一人で島巡りをしていたところ、船が突然大破。   なんとか流れ着いた無人島で「これまでか」と途方に暮れていると、海岸の近くに大きな浮き輪と紳士が現れた。   紳...
ショートショート作品

ssフクロウ貯金

「貯金できない男の人は嫌い」 それが直近のフラれ文句だ。 そうとも。俺は貯金ができない。 会社から給料が振り込まれれば一ヶ月の間に全て使ってしまう。 若い頃にはそれが「豪快でいい」「若者らしい」とプラスのイメージにつながることもあっ...
ショートショート作品

ss【山火の男】

    山小屋までの時間を見誤り、すっかり日が暮れてしまった。   真っ暗な山道をヘッドライトの明かりを頼りに歩く。   と、近くで明かりがぽぉっと灯るのが見えた。   山小屋とは方角が違うようだが。   なんだろうと思い、明かりが灯った方...
与太話

ssふたりの浜辺

 夫の荷物を整理していると、一枚の封筒が出てきた。  真新しい封筒の中に一枚の写真が入っている。  それは浜辺を映した写真だった。  家の中が少し落ち着いた頃、私はあの浜辺にやってきた。  写...
ショートショート作品

ssオブラートに包まれた私

最近、なんだか辛いなと思うことが多くなってきた。 テレビをつければ嫌なニュース、SNSを覗けば誰かが炎上してる。 見なければいい、聞かなければいいという意見も分かるのだけれど、どうしても気になって...
ショートショート作品

ssおじさんはシャボン玉名人

私はおじさんのことがとても好きでした。 実家のすぐ近くに住んでいたおじさんはシャボン玉名人で、普通とは違うシャボン玉をたくさん教えてくれました。 いつもシャボン玉遊びをする神社の境内にやってくると、おじさ...
ショートショート作品

ssタッタッタ

いつからか"タッタッタ"という音が聞こえるようになった。 誰かが後ろから近づいてくる音。 タッタッタという音がすると首の後ろがゾクゾクと震える。 だからその音がすると僕はいつも後ろを...
ショートショート作品

ssポケットストーブ

 あれはまだ私が大学生の頃。  同じゼミの高田くんのダウンジャケットが温かそうだなと思って、私は思わずそのポケットに手を突っ込んだ。 「わ、何すんの石井さん!」  高田くんはそう言ってびっくりしていたけど、...
ショートショート作品

ss【おじさんの夜景】

お父さんとお母さんに誕生日のお祝いをしてもらって私が寝室に戻ると、窓がコンコンと鳴った。 私が窓を開けると、その先に光生(みつお)おじさんが立っていた。 「おじさん!」 私がそう言うと、おじ...
タイトルとURLをコピーしました