ショートショート作品

ss災喰いの貝

先代の神主からこの「災喰い貝(さいくいがい)」のことを聞いた時は「まさか」と思った。 先代曰く、この災喰い貝は世に蔓延る災害を食うことができる神貝らしい。 このサザエにも似た巻貝がその蓋を開ける時、世に放たれるはずだった災害を食うのだと...
ショートショート作品

ss【バーチャル味覚】

「これが良さそうだな」 再生回数も多いし、レビューも高い。 最近は無料の味覚素材サイトでもそれなりのものを探すことができる。 その日僕が探していたのはステーキの味覚素材だ。 良さそうな素材が見つかったので、僕...
ショートショート作品

ショートショート【時が加速する国】

ある国で突然時が加速した。 はじめにそれに気がついたのは時計屋の店主だった。 店にある時計が一斉にいつもの倍のスピードで動き出したのだ。 異変はすぐに国中で認知された。 その国では時間の進むスピードが二倍速くなり...
ショートショート作品

ss【ミザリーファーム】

私の農園には様々な花が咲いている。 綺麗な花もあれば毒々しい花もある。 私の一日はこの農園に水やりをすることから始まる。 その日も農園にホースで水を巻いていた。 ふと気配を感じた私は農園の入り口に立っている女性の姿を認めた。 心細...
ショートショート作品

ss【麻酔同窓会】

神崎から同窓会の手紙が届いた。 正直「あいつが?」と思った。 神崎は小学生の頃仲が良かった友達だけれど、同窓会を主催するようなタイプではない。 どちらかというと、物静かな秀才タイプというか。 そして、この同窓会の手紙がこれまた、変わ...
ショートショート作品

ss赤ペンを担いだ猫

 ある大雨の日だった。  我が家に赤ペンを担いだ猫がやってきた。  ピンポーンと音がしたので玄関の扉を開けてみると、黄色い雨合羽を着た猫が立っていたのだ。  雨合羽の帽子をすっぽりかぶった、茶トラの猫。 「...
ショートショート作品

ss線香寺

近所に「線香寺(せんこうじ)」というお寺がある。 このお寺では、ある年に一風変わったカウントダウンが行われる。 今年はそのカウントダウンが行われる年だ。 線香寺には「線火楼(せんびろう)」という場...
ショートショート作品

ss浮き輪国

  浮き輪国の紳士に出会ったのは、僕が無人島で遭難していた時のことである。   一人で島巡りをしていたところ、船が突然大破。   なんとか流れ着いた無人島で「これまでか」と途方に暮れていると、海岸の近くに大きな浮き輪と紳士が現れた。   紳...
ショートショート作品

ssフクロウ貯金

「貯金できない男の人は嫌い」 それが直近のフラれ文句だ。 そうとも。俺は貯金ができない。 会社から給料が振り込まれれば一ヶ月の間に全て使ってしまう。 若い頃にはそれが「豪快でいい」「若者らしい」とプラスのイメージにつながることもあっ...
ショートショート作品

ss【山火の男】

    山小屋までの時間を見誤り、すっかり日が暮れてしまった。   真っ暗な山道をヘッドライトの明かりを頼りに歩く。   と、近くで明かりがぽぉっと灯るのが見えた。   山小屋とは方角が違うようだが。   なんだろうと思い、明かりが灯った方...
タイトルとURLをコピーしました